2006年10月22日

日本シリーズ第2戦

今日も良い試合でした。

昌さん、調子良さそうだったんですけどね。
あの場面、金子を敬遠かなぁと思ってたんですけど、
勝負にいったようです。

なんか昌さんは、まだ日シリで勝ち星がないそうで(´・ω・`)
日ハムを応援している自分ですが、昌さんだけはなんか応援したくなるんですよね。
打たれた後の複雑そうな表情の昌さんを見てたら、
逆転したのは嬉しかったけど、なんか悲しい気持ちになりました。
昌さん。・゚・(ノД`)・゚・。


さて、そんな訳で日ハムが勝った訳ですが。
昨日のダルビッシュと違って、八木は度胸ありましたね。
特にノーアウト1,2塁の場面でのバント処理(イニングど忘れ)
あれをサードで刺したところが勝負の分かれ目だったと思います。

あと、森本が出塁すると必ずと言っていい程点が入りますね。
なんか笑っちゃうくらい。
森本に関してはパフォーマンスとか打撃とかに目が向けられがちですが、
この2戦を見て、走塁力も侮れないっていうか、スゴイと思いました。
本当、良い選手ですわー。


そして、これはお互いのチームに言えるんですが、本当に守備が良い。
ファインプレーが随所に見られて、面白い。
野球の醍醐味を味わってる感じです。
両チームのファンだけでなく、野球好きな人もそうでない人も、
最初から最後までしっかりと見て欲しいと思える試合です。
生で見られる人が羨ましい。本当に。


このシリーズはどっちが勝っても、すごく忘れられないシリーズになりそうです。
posted by Boo at 22:44 | TrackBack(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25964593
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

失投
Excerpt:  2006年日本シリーズ、北海道日本ハムファイターズ対中日ドラゴンズの第2戦は、5対2でファイターズが勝利。これでファイターズは対戦成績を1勝1敗に戻した。  2対1、ファイターズの1点ビハイン..
Weblog: バックスクリーンの下で 〜For All of Baseball Supporters〜
Tracked: 2006-10-22 23:33

北海道・日ハムが勝ち、1勝1敗の五分 【日本S・第2戦】
Excerpt: 2006年日本シリーズ第2戦もシーソーゲームの好ゲームでした。 その試合は日本ハムが4??2で中日を下し、1勝1敗の五分にしました。 中日・山本昌、日本ハム・八木の年の差約20歳の両先発で試合は始..
Weblog: JG スポーツ日記
Tracked: 2006-10-23 10:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。