2006年10月22日

日本シリーズ第2戦

今日も良い試合でした。

昌さん、調子良さそうだったんですけどね。
あの場面、金子を敬遠かなぁと思ってたんですけど、
勝負にいったようです。

なんか昌さんは、まだ日シリで勝ち星がないそうで(´・ω・`)
日ハムを応援している自分ですが、昌さんだけはなんか応援したくなるんですよね。
打たれた後の複雑そうな表情の昌さんを見てたら、
逆転したのは嬉しかったけど、なんか悲しい気持ちになりました。
昌さん。・゚・(ノД`)・゚・。


さて、そんな訳で日ハムが勝った訳ですが。
昨日のダルビッシュと違って、八木は度胸ありましたね。
特にノーアウト1,2塁の場面でのバント処理(イニングど忘れ)
あれをサードで刺したところが勝負の分かれ目だったと思います。

あと、森本が出塁すると必ずと言っていい程点が入りますね。
なんか笑っちゃうくらい。
森本に関してはパフォーマンスとか打撃とかに目が向けられがちですが、
この2戦を見て、走塁力も侮れないっていうか、スゴイと思いました。
本当、良い選手ですわー。


そして、これはお互いのチームに言えるんですが、本当に守備が良い。
ファインプレーが随所に見られて、面白い。
野球の醍醐味を味わってる感じです。
両チームのファンだけでなく、野球好きな人もそうでない人も、
最初から最後までしっかりと見て欲しいと思える試合です。
生で見られる人が羨ましい。本当に。


このシリーズはどっちが勝っても、すごく忘れられないシリーズになりそうです。
ラベル:日本シリーズ
posted by Boo at 22:44 | TrackBack(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本シリーズ第1戦

昨日から日本シリーズが開幕です。
卒のない中日相手に日ハムがどこまでやれるか、
と思いながら見ていたんですが。

思ってたより緊張してたみたいですね、両先発投手。
日ハムの方はバッテリー共かな?

川上もダルビッシュも「こんなもんじゃねーだろ、お前等?」って思うような出来で、
なんだか見ていてハラハラでした(投手戦>>打撃戦な人間なモノで)
その割りには、あまり点数も入らず、締まった試合になってました。
さすが守備の堅い両チームだけあります。

井端の守備に拍手して、森本の好送球に沸いて、
いやはや、酒が進みました(笑)

だからこそ、日ハムが同点に追いついた裏のダルビッシュの守備にガッカリしちゃったんですけど。

でも、面白かった。
近年まれに見るレベルの高い試合になってると思います。
さすが日本シリーズって感じ。

個人的に「明日はわかんないぞ」と思ったのは、
8回の投手交代の合間に外野手の新庄・稲葉・森本が集まって、
頭にグラブを乗っけて3人で同じ格好してた時です。
うん、こういう風に楽しめれば、まだまだハムにもチャンスがあります。


今日の試合も期待しておりますよ!

<日シリとあまり関係ない追記>
ラベル:日本シリーズ
posted by Boo at 16:19| 群馬 ☔ | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。